たまがわ・みらいパークで学ぼう!遊ぼう!輪をひろげよう!

たまみらとは?

  • HOME »
  • たまみらとは?
 ●たまがわ・みらいパークとは?

たまがわ・みらいパークは「子どもを中心に様々な人が集い、楽しみ、学びあう場」です。子どもたちがのびのびと多様な体験を重ねていくような活動を実現していくことを第一に考えています。

旧多摩川小学校は、多摩川に面した自然豊かなロケーションと共に、多くのこどもたち、近隣の市民からも愛されてきた小学校でしたが、児童の減少等によるやむなき統廃合により廃校となりました。
小学校の跡地をどう活用するか、立川市でははじめてのケースであり、近隣市民を中心に数年の協議・検討を経て、平成18年4月に「子どもを中心に様々な人が集い、楽しみ、学びあう場」としてオープン、その後公募により「たまがわ・みらいパーク」の愛称も決定し、19年度からは市民有志で設立した市民団体「たまがわ・みらいパーク企画運営委員会」が立川市とパートナーシップ協定を締結し、企画運営を担っています。

校舎南面
校庭(南側)より見たA棟校舎
●自然ゆたかな環境、市民・地域のたいせつな場所

たまがわ・みらいパークは、多摩川の土手に面した場所にあり、川風もここちよい素晴らしい環境にあります。3、4階からは、眼下に多摩川の河川敷の緑が広がり、遠く丹沢連峰、富士山も見える静かな場所です。この環境こそがみらいパークの最大の財産、つまり市民の貴重な財産です。

近年、子どもたちがこうした緑のなかで遊ぶ機会が少なくなり、安全面などでも何かと怖いご時世となっています。みらいパークは小学校=子どもの場だったこともあり、この素晴らしい環境を子どもたちのために活かすことが一番大事なことと考えてきました。

同時にここは、近隣の住民にとっての防災拠点でもあるし、役に立つ場所にしたい、憩いの場所にしたい、そうした声がたいへん多かったことにも応えていけるようにと、毎月2回以上の会議や話し合いを続け、実活動を次々と行い、修正しながら確実に発展しています。

玄関
A棟(旧教室棟)玄関・ピロティ
●たまがわ・みらいパーク企画運営委員会

平成17年度に市の公募で集まった「跡地活用検討委員会」がまとめた「基本提言」を基盤として、平成18年4月1日より「子どもを中心に様々な人が集い、楽しみ、学びあう場」として跡地活用を開始。18年度に新たに公募して発足した委員会が、実際にイベントなどの活動を行いながらさらに活用の検討、特に利用ルールの基盤を作りました。
しかしこうした「委員会」では既に限界となっていたことなどから、19年3月に今の「たまがわ・みらいパーク企画運営委員会」を市民有志による「市民団体」として独立体制とし、立川市とのパートナーシップ協定を締結、管理運営の一部を委託事業として受注するなど、活動、経済も独立した形になるように進めてきました。現在は立川市との協働事業で、施設は公設公営ですので、公共事業を市民ボランティアなどで行っているという形となっています。

●施設の整備と活用

廃校となると同時に、当然ながら児童の机や椅子、授業に必要な物品はすべて移動となり、その他の使えそうな備品類も市内の学校などに移されました。そのため18年度スタート当初には、何もない教室が並んでいるだけで、体育館の椅子も、音楽室のピアノも、放送室の機材までもが全部なくなり、イベントを行うにはとなりの新生小からテーブルや椅子を借りてくるという状態でした。

その後、市の予算で改修工事や備品整備もしていただき、NPOによる支援、企業寄付などにより多くの什器が入り、また東京都の「多摩島しょ子ども体験塾助成金」による補助金を活用して(平成18~21年度)様々なプログラム(主催事業)を行ったり、物品を揃えたりしてきました。

教室
空になった教室(18年度)
 そうした設備や備品の整備計画、実際の購入、運搬、搬入、設置などのほとんどの作業が、市民ボランティアによって、ほぼ無償で行われています。もちろん予算を有効に使うために、リサイクル品の利用や、資材なども安く買えるところを探したりと、市民の努力の結晶となっているのです。
●施設の一般利用 (場所貸し)

小中学校の「一般開放利用」のように、日時によって空いている場所を借りることができます。ただし既に学校ではありませんので、たまがわ・みらいパークとしての規定を設けてあります。

☆お問い合わせは下記からどうぞ

お気軽にお問合せください TEL 042-848-4657 9:00-17:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.